12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

サラリーマンシングルの道2012

ゴルフは好きだがゴルフクラブ(ギア)はもっと好き!な、ゴルフオタクがシングルハンデを、せめて道具くらいシングルに見える様に拘り精進していく奮戦記を綴っていきます。それに加えて数年前に急遽再燃したガンプラ製作もレポートしていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

HGUC パーフェクトガンダムその5 

出張前に洗っておいたパーツをサフを吹くべく串刺し作業~♪
と思いきや、あっさり未改修の場所を発見!追加工作します。


右腕に付く2連ビームガンのエネルギーチューブの刺さるところが手付かずでした。
ここは形状から他の場所のようにUバーニアを貼ってって訳にはいきません。
と言うことで取り付け基部をリューターでテーパー状に削って一回り大きなモビルパイプを埋め込みました。


ビームガンと言えばそこに付くベルト部分の改修です。
前回HGUCガンダムの腕の太さに合わせて内側にプラ板貼ったのですが、適当すぎてキツかったり隙間があったり…。
仕方がないのでザックリヤスリで削った後、ポリパテで隙間を埋めて削っていく事にしました。
当然左腕に付くシールド側も同様の改修をおこないます。


ここで問題発覚!!
サフを吹くため串刺しにしながらパーツチェックしていると…。あれ?切り出してなかった?…無い…。ガンダムの口がない!!
口に付く赤いパーツを紛失しました(涙)
パーツ請求するのも面倒だし、ストックからここだけ取ると後々困るし…。
と言うことで密かに人気がある(らしい)FGガンダムの顔を移植しました。
これは1/60PGガンダムを縮小したデザインらしいので、チョッとだけ雰囲気変わりますね。
自分的にはどちらででも気になりません。FGでもHGUCでもそれぞれのカッコ良さがあると思っています。

やややり残してる感は否めませんが、次からはいよいよ塗装に移っていきます!!
スポンサーサイト

category: ガンプラ製作 HGUC パーフェクトガンダム

cm 2   tb 0   page top

HGUC パーフェクトガンダムその4 

出張やら何やらですっかりご無沙汰になってしまいました。
ようやく休みって事でガンダム行きます!


前回ひたすらモビルパイプ切り出しましたが、やっぱりガンダムには似合わないかな?と…。
しかもかなりの量を使うことになりそうって事で急遽変更!!
ちょっと時代がズレちゃいますけどセンチネラー御用達メッシュチューブにする事にしました。
これなら動きにも制限ないし、それっぽく見えてくれるかな?と思ってます。
キットのチューブでは全ての太さは一緒ですが、背中に付くビームキャノンに行く方は一回り太い物を使います。


メッシュチューブへの変更に合わせて取り付け部をUバーニアでデコレートします。
これをしないと何か取って付けた感が出ちゃうんで全てのチューブが付く所に施します。


そしてお次は背中に付くタッドポール(レーダー)です。
ここは初登場のサッキー竹田戦でも宮間の06Rザクと岡田のゲルググキャノンの発見に役立ったり、ワールドシュミレーシ∃ン決勝ではここを破壊され義丸のゲルググの動きが分からなくなったりと意外と重要なパーツみたいです。
今回は真鍮パイプ等を使ってセンサ一部だけ作り直してみました。
ここも雰囲気重視でいってます。


当然旧キットのバーニアなんか使い物にならないので、脚に付く物はビルダーズパーツの物。バックパックに付く物はコトブキヤの物を使います。
ちょっとでもスゴそうに見えるようにやや大きめのバランスで作製してみました。


最後に足首です。
ここはHGUCガンダムの足首に切り詰めたパーフェクトガンダムの足首を被せました。
それでも幅がかなりあったので、相当削り込んでいます。
デザイン的にはMGっぽくなった感じでしょうか?
ついでに何も無いと寂しいので、アンクルガードにGFF風のワンポイントを作ってみました。

ひとまず大方の作業が済んだ感じなんで、パーツ洗って次回はサフりますよ~!!

category: ガンプラ製作 HGUC パーフェクトガンダム

cm 2   tb 0   page top

HGUC パーフェクトガンダムその3 

少々更新が途絶えてしまいましたが、ちょこちょこ手は動かしてみました。
ある程度形にはなってきてホッとしています。


まずは進捗の遅れていた脚からいってみます。
ももの改修は済んでいるので、今回はすねパーツをいじっていきます。
ここはディティールをいじる予定はないので、各パーツの接続方法を考えるのみです。
足首の接続は画像のようにすね内部にポリキャップを仕込みます。そこへHGUCガンダムのすねパーツを適当な長さにカットしたものに丸棒を差しこれを接続パーツとします。
もも側も膝のマルイチモールドの下で適当な長さ(本当に適当ですw)でカットして接続パーツとしています。


脚の全体的な構成はこんな感じでいこうと思います。
足首の改修はまたパテを削り出したときにでも…。


続いて首の接続部です。
今思えばどうせ使わないんだしHGUCガンダムの首の部分を切り出してくっ付けちゃえば良かったのですが、今となっては…。
って言うことで、ジャンクの中から首のパーツを切り出してそこにウェーブのボールジョイントを差してみました。
これはこのまま貫通させて胸パーツとの接続軸も兼ねています。
この辺り非常にあっさり仕上げになってしまっているんで何かしらした方が良いのでしょうかね?


背中のバックパックも進めていきます。
とは言ってもキャノン砲の接続部をいじっただけですけど。
ここは軸部分がおもちゃっぽかったんで、コトブキヤのパーツを重ねて作製。真ん中に稼働軸用の穴を開けています。
バックパック側にも同寸の穴を空け、ここにポリキャップのランナーを軸として通します。
最後に軸隠しとしてコトブキヤのパーツを被せる予定です。


そして腕に付く2連ビームガンですが、ここはGFFみたいにガッツリ形状するテクニックも無いのでキットのものを若干いじっていきます。
銃口はちょっと作りがダルかったんで切り落として、フォーエバーガンダムの物を使います。
ネットなどで様々なパーフェクトガンダム見た中でここにセンサーを付けているものを見かけました。
形状はさておき、パク…参考にさせていただこうかと考えています。


最後に腰、ビームガン、キャノン砲の部分に付くパイプですが、一先ずコトブキヤのモビルパイプを使ってみようかと思います。
取り敢えず3.5mmを約3袋分切り出してみましたが…足りるんでしょうか?もっと必要そうですね~!!
パイプの切り出しに精根尽きたので今回はここまでです!

category: ガンプラ製作 HGUC パーフェクトガンダム

cm 2   tb 0   page top

HGUC パーフェクトガンダムその2 

皆さんのところは雪は大丈夫でしょうか?
私のところは東京ですが、都内にしてはビックリするくらいの積雪でした。
おかげで何処にも出掛けられませんでしたので、パーフェクトガンダム色々いじっていました。


まずは肩です。
ここはまんまパーフェクトガンダムを使います。引き出し式の肩間接の形状は微妙ですが、意外と動くのと胸との接続が容易なんでこのままいきます。
ただし腕はHGUCガンダムを使いますので、肩パーツをニコイチします。HGUCガンダムの肩パーツの軸をパーフェクトガンダムの下側にくっつける感じです。

組み上がりがこんな感じです。この工作のついでに肩の横にあるスリットはスリットプラ板に置き換えておきました。


続いて胸パーツです。
ここもまんまパーフェクトガンダムを使っていきます。
腰の部分はHGUCガンダムを使うので、HGUCのウエスト(赤い部分)を切り刻んでパーフェクトガンダムの中に納めます。
パーフェクトガンダムの胸パーツはかなりのマッスルボディなんですが、これをどうにかしようとするととんでもない工作になってしまうのでこのまま逞しいガンダムってことで進めていこうと思います。


実は一番気になっていた足首です。
ここのデザインと言うか形状がまんまコミックから飛び出してきたような丸くてずんぐりした形状で正直HGUCとミキシングしていくなかで一番バランスがおかしいところと感じていました。
かといってGFFのように作るにも脛パーツからいじらないといけなくなってしまうので、ここはMGのデザインを参考にオリジナルテイストで行かせてもらいます。
まずはHGUCガンダムの足首を少し削ってパーフェクトガンダムの足首の中に納められる様にします。
その後足首内にポリパテを充填します。この時HGUCの足首にはワックスを塗っておき、乾いた後に剥がせるようにしておきます。
乾燥後全体を削り混んでいくつもりです。



ちょっと息抜きにバックパックのディティールアップを…。
ここは大袈裟な加工はせず、モールドが甘いと思ったところをWAVEやコトブキヤのパーツをくっ付けていってるだけです。この辺りは雰囲気もんですね~。


いよいよシールドに取り掛かります。
正直始めるまでは使えるものは何もないと覚悟していたのですが意外にイケました!
とは言っても腕との接続用のターレットだけですけど…。ここを切り出しHGUCガンダムのシールドの裏に合うようにそれぞれの干渉部を削ります。
さすがにそれ以外の部分は使えないんで、まず機雷の部分はプラ板でレールを作成。機雷自体はHGUC量産型ザクのミサイルポッドの弾をニコイチにしたもので作製しました。
ビームサーベルラックはプラ角棒で作り、サーベル自体はHGUCガンダムの物を使います。寸法上明らかにパンパンなんで、シールドの覗き窓に滅茶苦茶干渉していますがその辺は気にしない方向で…。


併せて腕に付くベルト部分も製作します。
ここのディティールはなんとも微妙ですが、時計のバンドもありませんしこのまま使います。
ただしHGUCガンダムの腕の方が細いので、ベルト内側に0.5mmプラ板を貼って厚みを出して装着できるようにします。

とまあ一気に進められるところはやっつけてみました。
後は全く考えずに胸部を組んじゃってるので首をどうしようか考えないといけませんね。
今回はここまでです!

category: ガンプラ製作 HGUC パーフェクトガンダム

cm 2   tb 0   page top

TOURSTAGE 2013シリーズ発表!! 

いよいよ待ちに待ったツアーステージの2013モデル(709/909)が発表になりました。



既に契約プロからも高評価されているので、NEWモデルへの移行もスムーズに行われるのかと…。


各クラブの詳細は今週の金曜日にアップされているhttp://www.tourstage.com/tourstageX/club/を確認してください。


私のなかで気になっていたX-DRIVE909のヘッド体積は予想していた300cc台を覆す420ccとなっていました。洋梨型のヘッドが良いけど大きさが気になっていた方には最適なヘッドかも知れませんね。
また各ドライバーは『Dual Grid Body』と言うソールとクラウンのフェイス側だけをたわみ易くなるような設計になっているようです。
今まではクラウン全体をたわませて高打ち出しをうたうことはありましたが、最近はテーラーのRBZもそうですがフェイスの下や上の一部をたわます事で飛距離を獲得しているようです。

今回大きく変わった点としては1つにシャフトレングスです。
今まではXシリーズでもX-DRIVE901のEV-7の45インチを最後にプロパー品は45.25インチとされてきました。
ところが今回は特注品のTour-ADシリーズだけでなく標準装着シャフトでも45インチとなっています。それに伴い総重量は気持ち重くなっています。
また初回のみでしょうが709シリーズのプロパーの特注シャフト設定で70g台のGT-7が組み込まれています。これも久し振りですね。
それと機能面とは一切関係ありませんが、価格設定が10000円安くなっています。今まで特注シャフトを組んだ場合、定価でほぼ100000円だったのに対し今回は特注品でも定価で90000円を切る設定と言うのはありがたいことです。
ただしこれは値引き率(仕切り)で調整されていることもあるかも知れないのでぬか喜びは出来ませんけど…。


先日雑誌で読んだ記事で気になっているのがフェアウェイウッドのnewX-FWです。
最近eggやRBZ等の飛ぶスプーンが話題になっていますが、前モデルのX-FW Type-Tもですが今回のこのモデル相当飛ぶらしいです!!
どうも国産メーカーのフェアウェイウッドって使われることが少なかったですが今回のは期待です!
飛んでなおかつヘッドがコンパクト(#3で160cc)と来れば上級者が飛び付きそうですね。


アイアンに関しては909と709MCとで心揺れますが、今回はMCかな…?
それが全てではありませんが、今回アイアンで前モデルと変わってきている点があります。909は前モデル905に対して、709は705に対してFPが0.5mmストレート(出っ歯)になってきています。
つまりの事キャビティの709と前モデルのマッスルバックの905が同じFPにになっています。
標準のレングスには違いがありませんが、今回から今までのダイナミックゴールドとNS-PRO950の他に初めてMODUS3が加わりました。ちょっと気になるところではありますが。

アイアンのチョイスは実際打ってみた感じとトップブレードの見た目で決めようかと思います。

他にもウエッジやパターも出ていますが、今回のモデルはちょっと…な感じなのでこちらはスルーの方向でw
気になる方はチェックしてみてくださいね。

発売は3月となっていますので、恐らく来月の頭には各店舗に試打クラブが列び3月中旬に発売。特注対応は4月の中旬頃になると思われます。
今から楽しみですね~!!

category: ゴルフネタあれこれ

cm 0   tb 0   page top

HGUCパーフェクトガンダムその1 

すっかり新年も明けて普段通りに戻りつつありますね~。寂しいもんです…。

さて、新年一発目のガンプラはハデ目の物で縁起良く(?)行こうと思います!
と言うことでコイツ!!

MSVのパーフェクトガンダムのミキシングでいきます。

本当はサクッとバイアランカスタムを作ろうかとも思ったのですが、一発目は『ガンダム』作りたかったのと、ミキシングだと積みが二個減らせるので…。

このパーフェクトガンダムと言う機体はプラモ狂四郎ど真ん中世代の私にとっては思い入れの深い物になります。
当時コミックボンボンに出ていた改造記事は子供ながらに『無理!!』と諦めるのに十分な内容…。
その後このMSVの発売となるわけですが、その頃はまた贅沢になって『装甲外れね~じゃん』と…。
と思い入れがあるわりには今回が初パーフェクトガンダムの製作になります。

パーフェクトガンダムはサッキー竹田戦からジオン少年隊との辺りまでの初期のタイプと後のアーマーガパージ出来る後期タイプ(MGがこれにあたる)がありますが、MSVのはデザイン的には後期寄りの中期型って事になるのでしょうか?
実際にコミックの中では狂四郎をはじめクラフトマンチームのロムやグズ鉄も使用していました。

今後記事の中にマニアックな『?』な内容出てくるとは思いますがご了承下さい。
そそろそろ能書きはおいといて、シュミレーションゴーッ!!…いやいや製作スタートです!

基本的にはHGUCのガンダムにパーツを被せると言うより、パート毎入れ換えていく感じで製作します。
今のところ予定としてはパーフェクトガンダムの胸、脛、バックパック、肩、武器類を使い、残りはHGUCを使っていくつもりです。

まずはいつものHGUCガンダム系の基本工作をしていきます。

モモと上腕をそれぞれ2mm延長します。さらに上腕部は手首の付く側の段落ちモールドは削り落とします。
ここには後でUバーニアでポリキャップ隠しを作ります。


頭部に関してはコミック、設定上ノーマルで全然問題ないのですけど接着面で1mm延長しました。


後は一先ずそのまま組めそうな所を接着しておきます。


取り敢えず一発目はこんなところで終了です!

category: ガンプラ製作 HGUC パーフェクトガンダム

cm 2   tb 0   page top

ASAHI GOLF Jelly Tube GT-1103 

すっかりガンプラ好きなオッサンでしかなくなっていましたが、この年末年始は怒濤のゴルフラッシュでした。
今回は長かった8日間の休みの内4ラウンドしていましたw

そんな状態だったので必然的に帰り道にちょこちょこゴルフショップにも脚を運んでいたわけで、その中で以前雑誌で見て気になっていた練習器具をゲットしてきました。
それがこれ!

アサヒゴルフから出ているごるトレと言うトレーニング用具のシリーズの中からジェリーチューブと言うストレッチ用の用具です。
プロの中でも結構使われているらしく、バッグの中にポンッとほおり込んでおける手軽さも魅力です。
ちなみにドライバットのような物とは違うので、ラウンド中に使っても違反にはならないそうです。

使い方の説明が下手っぴなんでHPより抜粋します。


とにかくこんな感じでストレッチと筋力UPをしていこうと言う代物です。

使っていく内に少しずつ稼働域が上がっていくような気がします。
見た目は何だかエッチな雰囲気漂っていますが実際に使ってみるとなかなかシンプルながらに効果はありそうです。

私は今回筋力UPも念頭にいれてHARD(ブルー)を購入しましたが、ストレッチ目的の男性であればMIDIUM(グリーン)で十分だと思います。
ちなみに画像にピンクの物(SOFT)も写っていますが、これは説明も良く見ずに色で選んで買って家で開封して気が付いたと言うなんともお粗末な一品です(後日買い直したのがブルーです)。

冬場はどうしても身体が固くなりますし、キャディバッグに忍ばせてラウンドしながらストレッチしても良いのかなと?
価格も結構安い物ですので一度試して見ても良いと思いますよ?
ちなみにうちの父親に買ってあげたところいたく気に入り、テレビ見ながら等暇さえあればストレッチしていますw

category: ゴルフグッズあれこれ

cm 0   tb 0   page top

HGUC ゲルググMS-14B ジョニーライデン 完成 

新年明けましておめでとうございます。今年も拙いブログではありますが宜しくお願いいたします。

さて、この年末年始の休みの中実は年末完成してはいたのですが実家でダラダラと過ごしていたのでなんにも更新もできずようやくここに来て更新します!

ということでこんなんになりました~!!




見ての通り多くの方がグロス仕上げにされるのが多いジョニゲルですが、いつもの手法でつや消し仕上げです。
さらにはMSVのパッケージを参考に汚しを多めに入れています。
1年戦争時のMSはマットな汚しがしっかり入っている方が『らしい』と思うんですがどうでしょうかね~?

ともかくなんとか完成にたどり着きました。
HGUCとしてはそれほど古くはないキットですが、微妙に組みにくい作りが多かったですがやっぱりゲルググはかっこいい!
再販がないとなかなかお目にかかれないMSVの旧キットですがミキシング入門としても最適なキットです。

では次回作も頑張ります!

category: ガンプラ製作 HGUC ゲルググMS-14B ジョニーライデン

cm 2   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2拍手ランキング

天気予報

アクセスランキング

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。