06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

サラリーマンシングルの道2012

ゴルフは好きだがゴルフクラブ(ギア)はもっと好き!な、ゴルフオタクがシングルハンデを、せめて道具くらいシングルに見える様に拘り精進していく奮戦記を綴っていきます。それに加えて数年前に急遽再燃したガンプラ製作もレポートしていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

HGUC ネモ完成 

もう少しまめに更新したかったのですが、夜にちょこちょこいじくっていたんであっという間に完成と相成りました。



全体的なプロポーションとしてはジムタイプとは似て非なる感じが出ていると思います。


アゴを削って小顔化した効果もアゴを引けるのと相まってやって良かったなと


後ろから見た感じは劇中のヤラレメカっプリは感じさせない高機動型な雰囲気が漂います。

今回も雰囲気重視でデカールを貼っていきました。
ココッ!って所に具合の良いスペースがなく、各所にコーション系の物を散りばめ右フロントスカート部にはお決まりのダカールを表す『DK』を入れてあります。

EFF表記に関してはあんまり入れてもくどいのと、スペースの関係でシールドのみにしてあります。


汚し関係は、軽く機体全体に焼鉄色でドライブラシをした後レッドブラウンで軽くウォッシング。
前回組んだジムⅢよりかはやや使い込まれた感じに仕上げてみました。機体色がやや濃いってこともあるのですけど。

ep.4ではジュアッグ、カプールに対してジムⅢ、ジムⅡと共同戦線をはっていますが、戦争中ではないこの時代では当然機体の違うジムⅡ/Ⅲとは別のスコードロンに属していると考えるのが自然ですので前作ジムⅢとは汚し方、デカールのレイアウトは変えてあります。

正直あまり期待はしてなかったのですが、完成してみればジムとは絶妙に違うバランスを再現しているなかなかカッコいいモデルでした。
何かの機会にZ版もトライしてみようかな?と…。
スポンサーサイト

category: ガンプラ製作 HGUC ネモ

cm 0   tb 0   page top

HGUC バンシィその3 

サイコフレームを塗ったまま外装を放置していたバンシィも再開します。

正直他のガンプラと違いパーツほとんどを個別で処理してそれから組んでくと言うのは面倒なもんです。


グチっても始まらないんでようやく各パーツを串刺しにしてサフを吹きました。
接着してある程度のまとまりになっていれば別ですが、見ての通りほとんど組んでいない状態で仕上げて組んでいくのでおびただしい部品の数ですw

この後改修した部分の傷チェックしてから塗装に入ります!!

category: ガンプラ製作 HGUC バンシィ

cm 0   tb 0   page top

航空機製作 JAL B747-400その3 

すっかり放置していました747…。
実は牛歩で進行しておりました。

実は胴体の張り合わせにミスがあり、修正しようと剥がしたところ激しく破損!
墜落事故でも起こしたかのようなバラバラっぷりに。

すっかりその修正に時間をとられておりました。


なんとか修正も終わり確認のサフを吹いてみました。
当初の予定を変更して、窓ガラスはコクピットも全て埋めてデカールで対応することとしました。
実際合わせてみるとかなりのチリの悪さでとても自分では対処できないと踏んだからです。

まだこれでもあっちこっちに傷があります。もう一回研いであげて仕上げます。


エンジンも放置していましたがこっちも組んでいきます。
合わせ目消しでちょっとイビツになってしまったのでパテで修正します。


ちなみに機体各所に施されている凸モールドは都度削り落としていきます。何かこのサイズで考えるとオーバースケールと言うか凸って変だなって思ったんで…。

次は羽根をやりますよ~♪

category: 航空機製作 1/200 JAL  B747-400

cm 0   tb 0   page top

HGUC RX-78 NT-1 ALEXその3 

塗料を準備する時間がなかったんでアレックスの方を進めます…。

ある程度の改修が進んだので全体像を確認するべく仮の仮組をしてみます。


一部のパーツを除いてジムカスタムな訳で特に問題無さそうです。
個人的好みで肩のアーマーの取り付け位置を1mm位上げてみようかな?と考えています。


仮組で気が付いた部分を修正します。
まずはフロントのスカートですが、ここはジムカスタムのフンドシと組み合わせるには少し小さすぎます。
と言うことで真ん中辺りで切断、2mm延長しています。


すねのフレアー部ですが、パッと見た目は問題ないのですが1.2m幅増しした分ちょっと収まり悪し!
ここも真ん中で割って1.2mm幅増しします。
後ろのスラスターは考え中です。


バックパックはクオリティ的にジムカスタムの物を使います。
先ずはジムカスタムの取り付け位置が違うビームサーベルの取り付け位置を埋めてしまいます。
サイドにあるマルイチモールドとアポジモーターもダルいのでコトブキヤのパーツに変えるべく削り落としました。

今回はここまでで!

category: ガンプラ製作 HGUC RX-78 NT-1 ALEX

cm 2   tb 0   page top

HGUC RX-78 NT-1 ALEXその2 

合わせ目とキズのチェックさえなければ作業はサクサク進みます!
最近更新怠ってたんでちょっと減っちゃいましたが、こんなしょうもないブログに毎日90人近い方が訪問していただいております。
感謝感謝です!せっかくなんで悪口は凹みますが、ご意見ご感想などお聞かせください!
リンクも大歓迎です。していただけたらこちらもさせて頂きます!!


今回は脚部です。
ももの部分は股間ブロックをジムカスタムを使うのと、全体の形状がジムカスタムの方が『らしい』ので上半分をジムカスタム、下半分をアレックスの物としてニコイチしてます。
膝間接のディティールが寂しいですが、これでアレックスのすねパーツが難なく使えます。
あわせて2mm角棒を使って延長しています。これは両方のパーツの切断位置を調整すれば角棒使わなくっても延長できましたね…。


続いてすね部分です。
ここはジムカスタムのパーツとの組み合わせでいきますので少しボリュームを出すべく接着面(青のパーツと白のパーツ)で1.2mm幅増ししています。
膝ブロックもジムカスタムの物を切り出してポリパテで裏打ち、アレックスのすねのラインに合わせます。

ちなみにここまでの改修で当たり前ですが、チョバムアーマーは取り付けできません。
何か変な鎧でカッコ悪いし、今月のモデルグラフィックで見たアクアジムにいつかトライする際の素材として活用する予定です。


そして足首です。
アレックスの一つの特徴でしょうが、これだけ足首形状が明らかに違います。
RX-78から始まって歴代のガンダムタイプでこれだけ足首形状が違うのはおかしいし、好みの形状ではなかったのでここはジムカスタムのカトキスリッパをそのまま使います。
ただしアレックスのすねの足首を接続するシリンダーパーツとジムカスタムの足首は接続方法が違います(両方ともボールジョイントのボールになってしまう)。
そこで足首側のボールを切り落として開口。内部にコトブキヤのボールジョイントの受けを仕込みます。
すねのシリンダー部もそのままのボールサイズでは使えないので、コトブキヤのボールジョイントのボールを埋め込みます。
これで機能は殺すこと無く接続する事が出来ました。


そして腕です。
この部分もジムカスタムの胴体を使う関係上、上腕がアレックスの物だと猛烈に貧弱なのでジムカスタムのウエポンラッチ側を2mm程ノコで切り落とします。
その後0.3mmプラ板で蓋をして基本の形を整えます。
ガトリングのカバーはアレックスの物を使いますが、ジムカスタムの腕にあわせて4mm程延長しています。


肩の内部はノーマルでもカバーっぽいディティールが刻まれていますので、この上からエポパテを盛ってカバーっぽさを強調します。これをすると合わせ目を消す必要がありませんw
肩の内部パーツだけジムカスタムの物を使おうかと思いましたが、肩の動きを重視するため装甲外してカバーしているとの解釈でアレックスの物を使っています。
当然ここもジョイント形状が違うので、ノーマルの物を切り落として3mmプラ丸棒ことランナーを刺して整形しました。

やや行き当たりばったりな所もありますが、とにかく形にしていきます!

category: ガンプラ製作 HGUC RX-78 NT-1 ALEX

cm 0   tb 0   page top

HGUC RX-78 NT-1 ALEXその1 

しばらく更新が滞りましたが、ちょこちょこ手は動かしています。
ちなみにネモはデカール→トップコート終了で汚し待ち、バンシィは外装のサフ待ちまでこぎ着けています。この辺は次回アップします。

さて、このところガンダムUC物ばかり続いていましたがちょっと気分を変えて0080ポケットの中の戦争よりガンダムRX-78 NT-1をいってみようと思います!
今回のポイントとしては出淵氏のデザインのアレックスをジムカスタムとニコイチする事で今どきっぽいHGUCスタイルにするのと、アレックスを量産化したのがジムカスタムと言う流れを作ってカトキ味を盛り込む。結果ちょっと格好よくなれば良いな~と言う流れでいってみようと思います。
よって端々が本来のアレックスとはちょっと違う解釈(デザイン)で作っていくことになると思います。

と言うことで今回は傑作キットの一つ、ジムカスタムにアレックスのパーツを要所要所で使っていく方向でいってみようと思います。


まずは頭部からスタートします。
マスクなどは後で少し削ったりすることがあると思いますが、ひとまず頭の前後幅が足りずつぶれた感じに見えたんで1.2mmプラ板で幅増しします。


胴体はデザイン、形状、肩の機構の問題でジムカスタムを使用します。
まずは首のポリキャップを軸の位置をずらして1mm程首長にします。これにより顎が引けますし、頭が埋まっている感も解消できます。
よだれ掛けの部分のモールドは違いますのでパテ埋め。後で彫り直します。
コクピットの部分のデザインも異なるのでプラ板で修正してラインを変更しました。
ガンダムタイプで定番の胴の延長ですが、今回は画像のように接続部に1.2mmのプラ板で下駄を作ってかさ上げしておきます。


フンドシ部分もジムカスタムを使うので、連邦マークが付く部分の縁をプラ板で修正、股間部にアポジモーターが付くので穴を一先ず開けてみました。

作業のアラや傷などは気にせずいじっているときは塗装なんかより自分は楽しいです♪

category: ガンプラ製作 HGUC RX-78 NT-1 ALEX

cm 0   tb 0   page top

NIKE METHOD001パター 

特に石川遼くんにリスペクトしているわけでは無いのですが、彼もオデッセイのL字マレット(♯9)からキャメロンのPING型(モントレー)に替えましたね(ヤッベ~モントレー全然使ってない…w)。
そしてようやくタイガー復活優勝!!
彼のパッティングを支えたのは今まで慣れ親しんでタイガーのパターの代名詞のS.キャメロンのNewport2では無く、NIKEのコンセプトモデル『METHOD001 classic blade』でした。

実は自分がゴルフを始めたきっかけと言うのも、当時タイガーが一躍スターダムに上り詰めたときでした(アイアンがMPのコンビを使っていた頃と言えばマニアックな方はわかるはず)。
そんな感じで少なからず影響をうけていたので昔からタイガーと同じパターを使ってみたいと思っていましたが、これでようやく夢叶いました。

そんな色々な想いがあるわりには軽く衝動買いしたのが、前記のNIKEのMETHOD001です!

特徴的なフェースのポリマーインサートを除けばまさに形状はnewport2!


トップブレードもタイガーが好むやや細目のブレードに、これまたタイガーのNewport2で採用されていたドットサイトが刻まれています。


フェース部分はポリマーインサートのスリットの他にミーリングの跡とは違いますのでレベルを出す加工とは違うと思いますが、網目状の加工がされています。
本来タイガーはミーリングの跡がないツルッとしたフェースを好むようなので実際の彼の物がどのようになっているかは不明です。


後ろ側から見ても形状はまんまNewport2ですねw
このパターに関しては監修にタイガーが関わってかなり意見が取り入れられているとか。
ヘッド全体がかなり角ばっている点、トップブレードの薄さとドットサイト等大まかな形状でも伝わってきます。

そしてタイガー仕様と来ればグリップはこれを使わないわけにはいきますまい!!

本当に十年近くぶりに買いました。
PINGのピストルグリップのブラックアウトです。久々に握ると良いっすね~♪なんか懐かしいと言うかしっくり来ます。
下巻きに関しては純正の赤いグリップが薄いテープの縦一枚でした。PINGのピストルグリップは気持ち細く感じたので、下巻きを厚目のテープ(NCA)の螺旋2重で巻いてみました。

次回のラウンドには早速投入してきます!
初めてこのパターが出たときに予想以上に転がってビックリした記憶もありますが、少ないストロークでタッチが出せるのはメリットが多いと思います。

冷静に考えて303ステンレス素材でこの価格設定は比較的お買い得だと思います。パターとしてみて意外に人気がないので中古市場でもかなり安価に流通してますしね。ただし球数は少ないですが…。

最後に一応ヘッドカバーです

マグネットタイプだったり質感は悪く無いのですが、どうもデザインが無機質と言うか色気が少ないデザインです。
NIKEの好きな人はこんな感じが好みなのか?普段キャメロンやオデッセイをよく見ているんでちょっと寂しいですね。

category: ゴルフギアあれこれ

cm 2   tb 0   page top

HGUC ネモその6 

ネモもゴールが近づいてきましたが、完成が近づくほど仕上げの粗さにテンションダウンw
もうとにかく完成を目指します!


まずはバックパックのバーニアですが、当初は色を入れない予定でしたが塗っていないとサボったっぽく見えるのと、色みのアクセントになるだろうって事でオレンジイエローで塗ります。
ちょこっとはみ出した所はリタッチして…。
しかしZ以降のMSのバーニアは何でバーニア(噴射口)に色が入ってるんだろう?意味がわかりません(^_^;)


武器の方も仕上げです。
ジムⅡ用のビームライフルも余っていますが、ここはUC版のジムライフルのみで。
今回は塗り分けせずにガンメタル一色で塗った後、センサー部分をラピーテープのゴールドを貼りました。
頭部カメラは自分的にはオッケーでしたが、ライフルのシールはイケてなかったので。
付属のシールの縁をラピーテープの上に張り付ければ簡単に切り出せます。


取り敢えずここまで来ました。
次はちょこっとだけデカールを貼っていきます。

category: ガンプラ製作 HGUC ネモ

cm 0   tb 0   page top

HGUC バンシィその2 

ほぼ放置状態が続いていたバンシィにもネモがほぼ終わりを迎えてきているので着手します。

このキットは合わせ目を消すと言うより、各パーツ毎に処理と塗装を済ませて組み上げていくのが得策と考えたのでとにかく処理を進めていきます。


まずは細かい所ですけどバーニアの処理です。
全部で8個あるのですが縁がもっさりしているんでナイフで削って薄くします。ちなみに上が加工後、下が加工前です。

削っただけだと情報量が少ないので中に最近よく使うコトブキヤのモビルパイプの1番小さいのを仕込みます。エッジにテーパーがついているのでそのまま使えて結構便利です。


そしてこのバーニアとサイコフレーム達をまずは塗っていきます。
バーニアはシルバー、サイコフレームはゴールドのそれぞれメタリックカラーに塗っていくので全て一旦ウィノーブラックで下塗りします。

そしてこの後バーニアは後回しにしちゃいましたが、サイコフレームをクレオスの♯159スーパーシルバーで塗っていきます。


シルバーで塗れたサイコフレームにはその上にガイアカラーの蛍光イエローと蛍光オレンジと蛍光ピンクを適当~に混ぜた色を吹いていきます。
ちょっと濃いめの味付けですが、発光している雰囲気でいけばこんな感じで良いんではないかと感じています。
全体的に濃かったり斑っぽくなってる所もありますが、発光しているものなんで全然オッケーとしておきます。

さてサイコフレームではないのにゴールドな角と襟の部分ですが、ここは色身を変えてウィノーブラックの下塗りの上に直接ガイアカラーのブライトゴールドを吹きました。

結構高級感のある色彩で満足しています。


塗装以外の進展で言えば、アームドアーマーBSの裏側が肉抜き穴なのかモールドなのか、パッケージのイラストではそうなっていますがなんか違うと思ったんで簡易的にプラ板で蓋を作りました。
瞬着で仮付けして形を整えた後剥がして塗装後に張り付けます。
なんもモールド無いのも寂しいので1本スリットを入れてみました。もう少し情報量が欲しい気がしますね。

サイコフレームが塗れるとがぜん進展している気がするけど、実際はまだまだ全然ですね…。

category: ガンプラ製作 HGUC バンシィ

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2拍手ランキング

天気予報

アクセスランキング

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。