01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

サラリーマンシングルの道2012

ゴルフは好きだがゴルフクラブ(ギア)はもっと好き!な、ゴルフオタクがシングルハンデを、せめて道具くらいシングルに見える様に拘り精進していく奮戦記を綴っていきます。それに加えて数年前に急遽再燃したガンプラ製作もレポートしていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

HGUC ジュアッグ完成 

完成してから触らず放置していましたが、ようやく画像も撮れたのでフィニッシュです!

改めて完成画像です

う~ん、撮るアングルで雰囲気変わりますね…。

そんでもって後ろから

型式からもそうですが、やはりアッガイ風味なボディです。

今回は自分の脳内解釈によってあまり汚しは入れていません。
このキットは箱にも書いてある通り『ユニコーンver.』ですので自分なりに考えてみました。
こんな試作機中の試作機が、16年もの間ゲリラ活動をしているジオン残党派がメンテ、維持ができたのかどうか?
私の答えは『No』。
私の解釈としてはガンダムZZのタイガーバウムの様に、民間等の機関が展示用等で再生したものを残党派が何かしらのタイミングで略奪したものかと推測しました。
そう考えれば比較的綺麗な状態に再生されていたでしょうから。故に汚しは少な目にしています。

展示用ともなれば武装もオミットされているでしょうから、展示されているときに本来の6連ロケットはただの筒になっていて略奪後に多連ランチャーを組み込んだ。
また腹部のメガ粒子砲に関しても本来はゴッグと同等の物が装備されているところがダミーとなっており、こちらも何かしらのレーザー系の武装を組み込んでいると考えればMSVの物との武装の違いも合点がいきます。

また足の蛇腹も展示用だったため本来の水陸用の防水性能が無くなっており、急遽防水カバーで対応したと考えても良いかも知れません。

そこまで考えたらアッガイベースのレプリカかも?なんて解釈で作っても面白かったかもしれません。

最後にお約束のシーンを撮ってみました

…う…。なんかポーズが変(^_^;)
可動域の限界もありますが、なんかパリッとしてませんね~。
飾るときは普通に飾っておきます。

ジュアッグが出来たんで次の新たなものに手を出すかも!?
スポンサーサイト

category: ガンプラ製作 HGUC ジュアッグ

cm 0   tb 0   page top

HGUC ジュアッグその6 

この週末は予定もなく久々にゆっくり出来たのでジュアッグ最後の追い込みです!

前回塗装まで終わらせておいたので、今回はデカールとトップコート、ウェザリングと一気に済ませました。

とは言え手持ちのデカールが無いわけではなかったのですが、どうにもイメージできる感じに貼れなかったので最小限のジオンマークと階級、ナンバーくらいに留めました(人はそれを『手抜き』と言うw)。

そしてデカール乾燥後につや消しトップコートを吹いていよいよ汚していきます。

今回はこんなんでも一応水陸両用機なんでそれに準じた雰囲気で行っていきます。
まずは角張っているところを中心にちょこっとだけ焼鉄色でドライブラシ。その後足を中心にエナメルのレッドブラウンでウォッシング。足の防水カバーだけエナメルのジャーマングレーでスミ入れしました。
そんでもって完成したのはこちら!


バックショットならびに詳細は後日アップします!

category: ガンプラ製作 HGUC ジュアッグ

cm 0   tb 0   page top

HGUC ジュアッグその5 

塗装しますよ~って所からやや放置気味だったジュアッグをこの週末で一気に塗ってやりました。

後ハメ加工してやるとマスキングするのはかかとと、乳首ビーム位なんで塗装は結構楽チンです♪

ってな事でこんなんなりました!

ほぼ設定通りの塗りわけになったかと…。

今回のカラーレシピです。

ベージュ…No.39 ダークイエロー
濃い茶色…No.42 マホガニー
ホワイト…No.311 グレーFS36622
グレー…No.305 グレーFS36118
レッド…No.114 RLM23レッド
バックパック、モノアイレール…ガイアカラー020 ガンメタル
バーニア…No.211 クロームシルバー
スクリュー等…No.104 ガンクローム
って感じです。
全体的にトーンは明るめですが、UCの設定がそんな感じなんで良しとします。

後、今回の追加工作です。

まずはモノアイの工作です。
この機体は他の物より大きいのが特徴なんでシールって訳にもいきません。
ここは定番のHアイズに裏から赤のラピーテープ。これをじか貼りでは味気ないので壽屋の丸モールドを削り込んだものをレンズの枠としています。

そして胴体の乳首ビームです。

ここは塗装後に後ハメ出来れば…位しか考えていなかったんです。
正直キットのままのデザインで問題ないのですが、ネモを一撃で葬り去った威力を考えて一回り大きくしています。
ここはエッジのテーパーが良い感じだったので、壽屋のモビルパイプをガンクロームに塗ったものを使用しています。

これで塗装も終了です。
次はデカール貼りますよ~

category: ガンプラ製作 HGUC ジュアッグ

cm 0   tb 0   page top

HGUC ジュアッグその4 

こちらもやや放置気味だったジュアッグです。

正直こちらはほぼ素組…って言うかどんな感じに改修したら良いか思い浮かびませんでしたので、僅かにあった合わせ目の処理を施して工作は終了。


ざっくりとサフを吹いてみました。
パーツ点数は少ないのですが、かなり大作りなパーツ構成なんでかなりのボリューム!!
正直改修はほとんどしていないのでこのまま塗装に入れそうです。

ってことでサフを吹いてパーツチェックしていますと…。
今一不安だった足の蛇腹の合わせ目の処理の部分ですが、キレイに合わせ目が消えていないし蛇腹のエッジもだれちゃっております。

仕方がないので

設定画ではオミットされていたが劇中ではしっかり付いていた足の蛇腹の防水カバーを再現してみました。
ややオーバースケール気味ではありますが、フレキシブルに動く(?)足のカバーであれば少しだぶつき気味になっているかと。
エポパテを巻き付けてヘラでシワを刻んでいきました。こういう作業初めてやりましたが意外と難しいと言うかセンスが出ますね。もう少し修行が必要なようです(^_^;)

今日のところはここまで~!!次回から塗装です♪

category: ガンプラ製作 HGUC ジュアッグ

cm 0   tb 0   page top

HGUC ジュアッグその3 

結局胴体内部の骨格モールドは完全無視する方向に決定しました

と言うことで胴体もビシッと接着!!しっかり合わせ目も消しました。何故かパッケージの作例は処理されてないんですよね…

コレにて加工と言うか作業するところはほぼ終了。やること少なすぎでちょっと拍子抜けですが、これだけ気楽に作れるものも良いんでは無いかと?

せっかくなんで塗装前に軽く仮組してみました。

う~ん、とってもジュアッグ!!w
HGUCだから旧キットよりびっくりする程カッコいいって事は無い感じですが、劇中のバランスを絶妙に再現してると思います。

次回はいよいよ塗装です!

category: ガンプラ製作 HGUC ジュアッグ

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2拍手ランキング

天気予報

アクセスランキング

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。