07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

サラリーマンシングルの道2012

ゴルフは好きだがゴルフクラブ(ギア)はもっと好き!な、ゴルフオタクがシングルハンデを、せめて道具くらいシングルに見える様に拘り精進していく奮戦記を綴っていきます。それに加えて数年前に急遽再燃したガンプラ製作もレポートしていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

HGUC ゾゴックその4 

さてほぼ塗装も終わって完成にたどり着きそうなゾゴックです。
作業をやり残した部分を進めていきます。

UC版の特徴と言えばシュツルムファウストとヒートサーベルと言った武装ではないでしょうか?
今回は塗り残したヒートサーベルを塗ってみました。

この剣はビームでは無いので、キットの黒い整形色の物を使いました。
色は下に白を吹いた後ガイヤの蛍光イエロー、蛍光オレンジをグラテーションかけて塗ってみました。
刃先が白っぽいイエローでそこから濃くなって行く感じです。
ビームサーベルと違い、金属(セラミック?)に熱が入っているイメージです。

結構な面積を占めるモノアイカバーはこんな感じにしてみました。

あまりにもそのままだとプラスチックっぽい感じがしたのでクリアーイエローを薄めて吹いてみました。
初めはスモークにしようかとも思いましたが、現行の戦闘機のキャノピーが
イエローやらゴールドっぽい色をしてるんでそのイメージです。

いよいよこれで残りはデカールと表面処理になりました!
スポンサーサイト

category: ガンプラ製作 1/144 ゾゴック 一応ガンダムUC版 改めHGUC UC版

cm 0   tb 0   page top

HGUC ゾゴックその3 

サクッとほぼ素組なんで塗装まで来ましたゾゴックです。
組始めてから雑誌で作例出てましたが、あんな風に胴体後ハメするんですね?私には無理ですw

さてそこは置いておいて胴体以外は今時キットらしく、色分けが楽チンなんで一気に塗りました。

それに合わせて各パート毎組んでますけど、ここから先はマーキング~汚しまでこの状態で進めて行く予定です。
ちなみに腕のラインはつや消しホワイトを塗って再現しました。


今回のカラーはこんな感じです。
レッド…RLM23レッド
関節、フレーム…MSグレージオン系
足首、腕…ジャーマングレー
すね…ライトグレーFS36496
手首、バックパック…黒鉄色
シュツルムファウスト…RLM71ダークグリーン
とこんな色を使いました。
設定だと赤がもう少し鮮やかですがこのくらいの方が『らしい』かな?と。

次は仕上げになります!

category: ガンプラ製作 1/144 ゾゴック 一応ガンダムUC版 改めHGUC UC版

cm 0   tb 0   page top

HGUC ゾゴックその2 

旧キットのミキシングの時は苦戦していたゾゴックですが、製作二日目にして捨てサフ吹きました。
ゴールは近いです。

さて今回は胴体です。

ここは色々考えた末後ハメ不可と判断し、内部フレームを塗装した後外装を接着して合わせ目消します。
マスキングが大雑把なのはどうせタッチアップするんで適当で良いや~♪って感じなんで、几帳面な方はちゃんとやった方が良いです。


わき腹のダクトですが、合わせ目消しの際面倒くさくなって削り落としてしまいました。
ここはwaveのUバーニアへ変更。そうなるとわざわざノーマルのダルいスリットを使うことないので、コトブキヤの丸モールドに置き換えます。


股間のパーツは中にフレームが入りますのでここも始めに塗ってから組み込みます。
ここはパーティングラインに筋彫りして後から組んでも良かったのですが、ここも合わせ目消してはみ出しはタッチアップしていこうと思います。

いよいよこの先は塗装です!!

category: ガンプラ製作 1/144 ゾゴック 一応ガンダムUC版 改めHGUC UC版

cm 0   tb 0   page top

HGUC ゾゴック その1 

久々の更新です!
更新しきれないほどネタも貯まっていたのですけど…。
またボチボチ再開しますんでよろしくお願いいたします。

さて、1年半ほど前に旧キットとズゴックのミキシングで進めておりそっと放置していたゾゴックですが、HGUCとして発売されたのでこっちをきっちり組むこととします(汗)
旧キットごめんなさい!

ユニコーンに出てこなければ日の目を見ることは一生無かったであろう奇跡のキットがこれ!!

どうしようもないビックリドッキリメカですが、カッコいい!
トリントン襲撃の冒頭シーンですね?
いじるところないくらいカッコいいキットなのも皆様のレビュー見て組んだ気になっているんで、エア仮組(脳内仮組)をして早速製作開始です!

今回はこんなキットを出してくれたバンダイに感謝と敬意を表しストレートにサクッと組みます!


まずはすねパーツです。
ここはアキレス腱の赤いパーツのピンをカットすると簡単に後ハメできます。


前回旧キットのミキシングを挫折した最大のポイントブーメランカッターです。ここは10枚あって心折れそうだったんで、歯の部分を研いだだけです。
本当は尖らせようかとも思ったのですが、サクッといきたかったんで…。
この辺の妥協も必要です←言い訳


手首の親指に豪快な肉抜きがあるんでエポパテで埋めておきます。


ブーメランカッターサボった分ヒートサーベルはピンピンに尖らせています。
ここは塗装しますんでクリアパーツは使わず接着、合わせ目消しています。


ここも要後ハメポイントです。
腰の赤いところは下の部分を削ってダボピン切ればOKです。但し赤いところは後ハメですが、中のフレームはそうはいかないので塗ってマスキングして外装組みます。
ちなみにフンドシに1.2mmプラ板貼ってちょっとボリュームアップしています。


脇のダクトは丸くカットしてあげれば後ハメOKです。


このキットの欠点。腰が動力パイプのおかげでスイング出来ません。
そんないじりませんが、コトブキヤのモビルパイプに置き換えます。

ここまでやっちゃうと基本工作終了です!

最近のキットは組みやすいですね~
ここからは塗りながら進めます。

今回はここまで!!

category: ガンプラ製作 1/144 ゾゴック 一応ガンダムUC版 改めHGUC UC版

cm 0   tb 0   page top

1/144ゾゴックその5 

ジムⅡセミストライカーはトップコートを噴いて乾燥中なんでゾゴックを進めます。 

まずはスネの続き…

後ろの部分がズゴックと違うのでプラ板を芯にしてポリパテで形状変更。
この後スリットを作っていきます。


昨日作ったお腹の蛇腹?ですが、仕上げを前に溝を刻んだのではめてみました。
…こんな感じですかね~!?

category: ガンプラ製作 1/144 ゾゴック 一応ガンダムUC版 改めHGUC UC版

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2拍手ランキング

天気予報

アクセスランキング

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。