09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

サラリーマンシングルの道2012

ゴルフは好きだがゴルフクラブ(ギア)はもっと好き!な、ゴルフオタクがシングルハンデを、せめて道具くらいシングルに見える様に拘り精進していく奮戦記を綴っていきます。それに加えて数年前に急遽再燃したガンプラ製作もレポートしていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

HGUC ネモ完成 

もう少しまめに更新したかったのですが、夜にちょこちょこいじくっていたんであっという間に完成と相成りました。



全体的なプロポーションとしてはジムタイプとは似て非なる感じが出ていると思います。


アゴを削って小顔化した効果もアゴを引けるのと相まってやって良かったなと


後ろから見た感じは劇中のヤラレメカっプリは感じさせない高機動型な雰囲気が漂います。

今回も雰囲気重視でデカールを貼っていきました。
ココッ!って所に具合の良いスペースがなく、各所にコーション系の物を散りばめ右フロントスカート部にはお決まりのダカールを表す『DK』を入れてあります。

EFF表記に関してはあんまり入れてもくどいのと、スペースの関係でシールドのみにしてあります。


汚し関係は、軽く機体全体に焼鉄色でドライブラシをした後レッドブラウンで軽くウォッシング。
前回組んだジムⅢよりかはやや使い込まれた感じに仕上げてみました。機体色がやや濃いってこともあるのですけど。

ep.4ではジュアッグ、カプールに対してジムⅢ、ジムⅡと共同戦線をはっていますが、戦争中ではないこの時代では当然機体の違うジムⅡ/Ⅲとは別のスコードロンに属していると考えるのが自然ですので前作ジムⅢとは汚し方、デカールのレイアウトは変えてあります。

正直あまり期待はしてなかったのですが、完成してみればジムとは絶妙に違うバランスを再現しているなかなかカッコいいモデルでした。
何かの機会にZ版もトライしてみようかな?と…。
スポンサーサイト

category: ガンプラ製作 HGUC ネモ

cm 0   tb 0   page top

HGUC ネモその6 

ネモもゴールが近づいてきましたが、完成が近づくほど仕上げの粗さにテンションダウンw
もうとにかく完成を目指します!


まずはバックパックのバーニアですが、当初は色を入れない予定でしたが塗っていないとサボったっぽく見えるのと、色みのアクセントになるだろうって事でオレンジイエローで塗ります。
ちょこっとはみ出した所はリタッチして…。
しかしZ以降のMSのバーニアは何でバーニア(噴射口)に色が入ってるんだろう?意味がわかりません(^_^;)


武器の方も仕上げです。
ジムⅡ用のビームライフルも余っていますが、ここはUC版のジムライフルのみで。
今回は塗り分けせずにガンメタル一色で塗った後、センサー部分をラピーテープのゴールドを貼りました。
頭部カメラは自分的にはオッケーでしたが、ライフルのシールはイケてなかったので。
付属のシールの縁をラピーテープの上に張り付ければ簡単に切り出せます。


取り敢えずここまで来ました。
次はちょこっとだけデカールを貼っていきます。

category: ガンプラ製作 HGUC ネモ

cm 0   tb 0   page top

HGUC ネモその5 

基本塗装が終了したところで放置していましたが、こちらも再開します。


まずは頭部です。
ここは顎の部分を約1mm削っていますので、そのまま頬のパーツを付けるとなんとも浮いた状態になりますので、それに合わせて頬パーツの角度を修正して上向きにつけています。
これによって小顔になると同時に、ネモは正確にはジムシリーズの機体では無いのですがネモの面長のイメージからよりジムっぽい感じの顔にしてみました。
これは設定無視で自分の好みの改修です。
後はゴーグルの中をシルバーで塗って目のようなモールドにはグリーンでアクセントを入れています。
カメラ類は付属のシールの色が嫌いじゃなかったんでそのまま使っています。
おでこの赤いところは一発勝負のマスキング無しの筆塗りでいってます。


肩に6ヵ所、脚に6ヵ所オレンジイエローの特徴的なバーニアがありますのでこちらを塗っていきます。
ふくらはぎの後ろに付く大型のスラスターはもちろんですが、ライトグリーンのパーツのところも一応ガンダムカラーのホワイトで下塗りしてから塗っていきます。
この手の色はかなり隠蔽力低いんで塗るの手間ですね…。
本来はバックパックのバーニアの中もこの色なのですが、メッキシルバーの色がキレイに塗れたんで塗らない予定です。

後は塗装の済んでいるパーツ達を組み上げていくだけとなってます。
次はいよいよ立てそうです!

category: ガンプラ製作 HGUC ネモ

cm 0   tb 0   page top

HGUC ネモその4 

若干仕上げの甘さは否めませんが、ワイルドだから気にせずサフ吹いてやったぜぇ!

そんでもってそのままの勢いで一気に基本塗装まで持ち込みました。

もうここは気にすること無くぶゎ~っといっちゃいます。

さて今回の塗装レシピはこんな感じになっております。

グリーン…Mrカラー城 CK6畳色
ブルー…クレオス No.328 ブルーFS15050
関節、フレーム…NEWガンダムカラー UG05 MSグレー連邦系
ダクト…旧ガンダムカラー CG03 イエロー(1)
スラスター…クレオス No.58 黄橙色
ほっぺた…クレオス No.331 ダークシーグレー
おでことお腹…旧ガンダムカラー CG02 レッド(1)
背部バーニア…クレオスメタルカラー MC211 クロームシルバー
ライフル…ガイアカラー No.020 ガンメタル

グリーンの色に関してはもうこれしかないって位のドンピシャっぷりwと本人は思っています。
日本の和の心が伝わるカラーになりました。

今回はさすがに力尽きたので、この後の細かい塗り分けは後日とします!

category: ガンプラ製作 HGUC ネモ

cm 0   tb 0   page top

HGUC ネモその3 

最近のキットは非常に出来が良いと言うか、特に何かいじくり倒そうとしなければシンプルな量産機は組上がってしまいますね。

今回のネモもほぼ次回にはサフが吹けそうな勢いです。

今回は気になったものの、スルーしようかと思っていた肩の部分の改修です。

このネモは肩に大きなスラスター(?)があるのですが、合わせ目を含めてちょっとショボい(^_^;)
ってことでネットの達人たちの工作を参考にいじってみました。


まずは改修にあたり前後に付くパーツで隠れるラインでエッチングソーを使って分割します。そうすると後に合わせ目を消さずに済みますし、肩に付くアーマーも塗装後に組み込むことができます。

ちなみに今回使ったエッチングソーです

以前買い物に行ったときに買うものが無くって手ぶらも何だしと買ったものですが、なかなか切れ味よく簡単にパーツが分割できました。
以前田宮の物を買ったときに予想外に良くなかったのに比べると、
予想以上に使いやすかったです。細かいものに向いているかどうかは解りませんが、パーツの分割なんかには良い感じだと思います。


その肩のアーマーもこの際改修して2mm延長しました。裏は変なリブが入っていたので、見えないところですがポリパテで埋めておきました。


そして肩のスラスターですが、ノーマルのディティールはくりぬいてしまいます。
ここに一番形状が近いであろうウェーブのUバーニアフラットの淵のテーパーを落とした物をはめ込みます。ノーマルのスリットよりちょっと大きいので拡大加工が必要です(チョンボ工作ですw)。
そして肩のスラスター全体に内側に向けてテーパー状にパテなどを盛って削っていきます。
…ちょっと精度が甘いですね~。もうちょい盛って削るカモです。

後はバーニアとか細かいパーツのディティール付けてパーツを洗浄したらサフ吹けます!
今回はここまで~

category: ガンプラ製作 HGUC ネモ

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2拍手ランキング

天気予報

アクセスランキング

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。